未分類

スマホの副業は4つのビジネスが主流

投稿日:

現在スマホで副業を可能とするビジネススタイルは、4つのスタイルが主流です。一つは、PCで行われていたアンケートサイトがスマホに対応することでスマートフォンからアンケートに参加をして報酬を得るという副業スタイル、2つ目は、フリマアプリや楽天ヤフーなど転売ビジネスやネットショップの運営をスマホから運営する物です。これらは元々はパソコンで行われていた物をスマートフォンからでも可能とした副業ビジネスで未だ2020年においても健在で人気のある副業法の一つです。

次に3つ目は、ライティングやプログラミングに翻訳など、これもパソコンでクラウドワークスなど本業と副業の両方を提供しているサイトからお仕事を得る手法で報酬を得るプログラムです。そして最後の4つ目は、自分の持つ能力を売り込みスキルとして販売する手法でこちらについてはlineやブログなど情報発信を自らが行いお仕事を貰うというのが多く、クラウドワークスなどフリーランスと共通している部分が多いです。

この4つが主なスマホを用いた副業ビジネスになり、未だ2020年においてもこの4つのビジネススタイルは建材で評判もサービスを提供している会社により様々です。この4つ以外のビジネススタイルについては、多くはスマホからお仕事を紹介すると持ち掛けた上で個人情報をやたらと入力するなど個人情報を収集する目的でお仕事を紹介すると称して利用者を騙す形で個人情報のみを抜き取る物もある為、スマホの副業が危ないとされる由縁でもあるのです。

つまりは、お仕事を紹介するということについては、上記の4つのお仕事と同じような形でお話が展開されるのですが、いざお仕事を得る状態に移行した場合において、不必要なまでに個人情報の入力を求められたり、口座番号や暗証番号などを求められたりと本来の仕事に関係しないような情報を求められることで詐欺であると初めて分かるようになっている等、スマホを利用した副業の詐欺も巧妙化しているのです。

ですが、これら詐欺の情報については、インターネットを用いれば容易に看破することも可能で、どのようなサービスが危ないの他、どのような会社はかなり危険であるなど細かく情報が記載されています。逆にまっとうにスマホからお仕事を紹介している事業者であれば、古くからパソコンでもお仕事を紹介していた経緯が多いため、パッと出てきたスマホ対応の副業ビジネスサイトは怪しいと見れば安全であると言えます。

何故なら、パソコンが主流だった時代でアンケートサイトを経営している会社はいまだ健在ですし、ネットショップも同様にパソコンが主流だった時代にサービスを提供している会社はいまだ健在ですので、危険視される由縁はないということです。老舗が詐欺を働けばニュースにもなりますし、大騒ぎになりますからね。

-未分類

Copyright© 口コミ・詐欺・副業|ネットビジネス調査.net , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.